石神井高齢者相談センター(地域包括支援センター)
トップページ > 石神井高齢者相談センター(地域包括支援センター) > 石神井高齢者相談センター(地域包括支援センター) > 最新情報

最新情報

活動報告 2017/12/27 17:24

地域ケア圏域会議を開催いたしました!

今年も残すところわずかとなり、寒さも一層厳しくなってまいりました。師走のそんな忙しい時期に大勢の方にご協力をいただき、今年度2回目の地域ケア圏域会議を下記のごとく開催させて頂きました。

日時:12月15日(金) 14時~16時

会場:石神井庁舎5階 第1~3会議室

参加者:76名 (内訳; 町会・自治会5、民生・児童委員11、警察1、社会福祉協議会2、消費生活センター1、コンビニエンスストア1、家族会1、地域住民3、生活支援員1、介護支援専門員28、介護サービス事業者12、高齢者相談センター支所10)

テーマ:高齢者の住みやすい地域づくりと見守りについて

概要:今年度の上半期に石神井高齢者相談センター各支所が開催された地域ケア個別会議の報告をいただき、そのあと、石神井警察署 生活安全課防犯係 金澤警部補より高齢者の皆様の詐欺被害等についてのお話を伺いました。オレオレ詐欺の被害防止の為、迷惑防止機能付き電話機の情報提供がありました。

さらに練馬区消費生活センターの相談員から「見守り新鮮情報」の配信システムについて、案内がありました。一人でも多くの方に特殊詐欺に関する最新手口など知っておいて被害防止に役立てて欲しいとのことでした。

会議後半は、参加者の皆様にグループでの話し合いをしていただきました。テーマは「自分たちの地域で行われている見守りとまだ行われていない見守り」で、導入として、地域活動の紹介を高齢者相談センター支所からしてもらいました。グループの中に、それぞれの地域・立場で見守り活動に取り組んでおられる方々を交えて話し合い、現在の社会資源等の確認、情報共有を含め、「こうなるといいな」「あったらいいな」と思うアイディアを出し合いました。

既に取り組まれている活動は他地域での参考となり、更なる活性化に向けての充電となりました。今後、コンビニエンスストアや認知症サポーター養成講座終了後の活用について検討され、有効な実践に向かうことへの期待が確認されました。

 

ご参加下さった皆様からの、貴重なご意見を今後に活かして参りたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

ページの一番上に戻る