練馬区石神井地域包括支援センター
トップページ > 練馬区石神井地域包括支援センター > 練馬区石神井地域包括支援センター > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/08/30 16:32

法人の社会福祉士の勉強会に参加しました!

 

8月27日に仲町地域センター(中板橋駅:東武東上線)で行われた社会福祉士の勉強会に参加してきました!

初参加の私としてはどんなテーマのもとに勉強会が行われるのか楽しみにしながら現地に向かいました。

テーマはズバリ、「社会資源について」です!

会の進行は(1)社会資源とは何か?それはどのような特徴を持っているか?といったレクチャーが行われ、次に(2)実際に社会資源を開発してみよう!ということで参加者が3グループにわかれ、それぞれのグループに住民のニーズを仮定し、ニーズにマッチにした社会資源を開発してみよう!というシュミレーション形式のグループワークが行われました。

皆さまは「社会資源」と聞いてなにを思い浮かべますか?私は初めて「社会資源」というワードを聞いたときは何のことかイメージできませんでした。「社会資源でしょ~・・・社会の資源ということだから、日本社会の資源のこと?例えば漁獲量とか、日本の自動車の製造技術とか、日本人のおもてなしの心のようなことかな」と思っていました。

会の(1)で分かったことは「社会資源」というのは日本社会の資源というよりは、もっと範囲が狭く「地域資源」とでもいうべきものであること。また資源の対象は車の製造技術などの営利に基づくものではなく、福祉課題に活用できるもの、例えば病院、保健、教育、自治会、町会といった地域に根差した公益性のあるものだ、ということが理解できました。

また(2)では(1)の理解を踏まえて、各グループごとに活発な意見が出ていました。ちなみに私のグループでは住民のニーズとして設定されたものは「幅広い世代の集える場所が少ないので、集まる機会が欲しい」というものでした。このニーズにマッチした社会資源はどんなものが考えられるかをメンバーで話し合い、最終的に「お祭りの開催」ということに決まりました。では「祭り」を開催するために連携する機関・団体はどんなものが考えられるか?例えば商店街の方々、コンビニ、自治会、場所提供のための公園管理者、等々、「あれも必要、これも必要」といった具合に、グループワークは大いに盛り上がったと思います。

次回の勉強会は11月26日とのことでした。次回も参加して見識を深めたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

ページの一番上に戻る