石神井高齢者相談センター(地域包括支援センター)
トップページ > 石神井高齢者相談センター(地域包括支援センター) > 石神井高齢者相談センター(地域包括支援センター) > 最新情報

最新情報

活動報告 2016/11/29 18:26

平成28年度 第1回 石神井地域ケア圏域会議の報告

平成28年10月18日(木)石神井庁舎にて「平成28年度 第1回 石神井地域ケア圏域会議」を開催いたしました。

「公営住宅の今 見守りのあるコミュニティーをめざして」というテーマで、石神井地域の民生委員10名・自治会長9名・居宅介護事業所9名・支所15名その他3名 総勢42名の方に参加していただきました。

前半は、前回の圏域会議にて、防災訓練であれば一人暮らしのお年寄りも参加されるとの意見があり、公営住宅の防災訓練等について自治会を対象に調査した結果の報告がありました。

さらに、防災という視点から「公営住宅の防災について」という題で、練馬区防災学習センターの方にお話をしていただきました。

地震等があった時は「とにかく頭を守る」という事に注力する。公営住宅においては、災害時のルール作りが必要というポイントを絞った話をしていただき、自治会の方も参考にされていた様子でした。

後半は、「集会所の活用について」という題でグループワークを行い、集会場の活用のアイデアを出してもらいました。

4つのグループに分かれて、各グループで出た意見に関して、「すぐにできること」「時間がかかること」に意見を分け発表してもらいました。集会所を広く開放し、ケアマネジャーや地域包括支援センター職員から介護保険の説明等をしてもらう場所として活用するなど、今後の取組として参考になる意見が多くみられました。

会議終了後はアンケートを取らせていただきました。その結果、民生委員の方や自治会長の方と直接お話しをする機会がもてて良かったという意見や集会所を活用するにあたり様々な可能性があることに気が付いたといった感想が多かったですが、グループワークの時間が少なかったことや何を話し合っていいか分かりづらいという意見も聞かれ、次回に向けての反省点としていきたいと思います。

石神井高齢者相談センター  山口

ページの一番上に戻る