石神井高齢者相談センター(地域包括支援センター)
トップページ > 石神井高齢者相談センター(地域包括支援センター) > 石神井高齢者相談センター(地域包括支援センター) > 最新情報

最新情報

活動報告 2017/02/24 09:14

コミュニティデザインの勉強会に参加してまいりました。

2月20日(月)にココネリで行われました「コミュニティ・デザイン~あたらしい地域づくりの手法を学ぶ」第3回の勉強会に参加してまいりました。

前回に引き続き、本所・支所合わせて60名ほどの出席者がありました。3回シリーズの最終回となる今回は、「支所ごとの地域づくりプロセスのデザイン」という題で、練馬区内の各支所が考える地域づくりについてグループワークと発表、講評がおこなわれました。

具体的には、各支所より、地域の課題、支所の強みの2点から課題に対してやるべきこと、実際にできそうなことを考えてもらい、どちらも共通してできそうなことを次年度実施するはじめの一歩としてグループ内で発表、意見交換し、最後に全員に発表するという流れでした。各支所で差はありましたが、どの支所も地域の事をよく考えていることがわかる意見が多く、中には地域分析の結果をデータ化しているというところもありました。

講師からは、支所ごとに講評をしていただきましたが、「今あるものを利用して、住民の方と会う機会を作ること」「地域の人が関心のあることから広げていくこと」「支所ですでに行っている活動を伸ばしていくこと」「各支所が負担にならない支援の方法を考えていくこと」「エリアやテーマを絞ってアプローチする」といったことが共通して大切であることを話されていました。また、こうした地域作りの活動がきちんとした評価のテーブルに載るような行政側の取組も必要であることにも言及されていました。

この勉強会で地域づくりということで力を入れず、今できるところから、できる範囲で、まずやってみること、その上で他の成功例を参考に、創意工夫、地域分析などを加え活動をひろげてゆくことが大切であると学びました。今後の活動に活かしていきたいと思います。

ページの一番上に戻る